トップ 暮らしの情報 暮らす 消防・救急 出血時の処置方法

出血時の処置方法

誰もが行える止血方法をご紹介します。

更新日 2016年01月04日

出血時の処置方法

一般に体内の血液の20パーセントが急速に失われると出血性のショックという重い状態になり、30パーセントを失うと生命に危険を及ぼすといわれています。ケガなどによる出血はよくあることですが、大出血の場合は迅速かつ適切な止血をしないと命を脅かすことになります。市民が行う止血法としては、出血部位をガーゼや布などで直接圧迫する方法(直接圧迫止血法)が推奨されています。

体内の血液量
体重×8パーセント=全血液量
例)体重が60キログラムのかたの場合
体重60キログラム×8パーセント=約4.8リットル

直接圧迫止血法

きれいなガーゼやハンカチなどを重ねて出血部位に当て、その上を圧迫します。

圧迫しているにもかかわらずガーゼが血液で濡れてくる場合としては、圧迫位置が出血部位から外れている、または圧迫する力が弱いなどが考えられます。直接圧迫止血は出血部位を確実に押さえることが重要となります。
直接圧迫止血法 足の一例  直接圧迫止血法 腕の一例

止血の手当に限らず、感染防止のため血液や体液等には直接触れないようにできるかぎりビニール手袋やビニール袋を使用します。

お問い合わせ先

市消防本部 消防課
山梨県南アルプス市十五所1014
消防本部2階
電話番号 055-283-0119
FAX番号 055-284-6071
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。