トップ 暮らしの情報 暮らす 住まい・土地 土地 市道・水路の境界

市道・水路の境界

市道や水路の境界にかかわることについてご説明します。

更新日 2013年04月09日

公共用地の境界確認について

市が管理している道路、水路、河川などについて、境界確認の立会などを行っています。

側溝整備や建築、土地分筆などに伴い、私有地と公共用地(市道、水路、河川など)との境界が不明な場合、また境界を明らかにする必要がある場合には、申請に基づき境界確認を行います。関係する地権者と公共用地の各管理者が境界確認の立会いを行い、関係者の合意のもとに境界が確定されます。

官民境界を確定するためには、市道・水路等との境界を明確にする必要があります。また、市道の前後、隣の境界もあわせて明確にしておかなければ、将来紛争を起こす恐れもありますので、未然に防ぐためにも手続きが必要になります。なお、民有地(個人)同士の境界がはっきりしない場合は、お互いで解決するようにしてください。いずれの場合も土地家屋調査士等に依頼する方法もあります。

分筆
一筆の土地(土地登記簿上で一個の土地)を数筆の土地に法的に分割することです。

境界を確定するには

「境界を確定する」とは、私有地(宅地、農地など)と南アルプス市が管理している道路(市道、市管理道路、水路など)や里道・水路などとの境界を書類(確定図など)により明らかにするということです。南アルプス市では、土地の境界を確認・確定する際、隣り合わせている市道との境界を明らかにする必要がある場合には、申請に基づき現地立会の上、境界確認を行なっています。

国道・県道や河川等に土地が接している場合は、管理者が南アルプス市でない場合がありますのでご注意ください。

どのような時に必要か

境界確認は、一般的に土地の売買や譲渡などする際に必要となる行為です。また相続などが発生し土地を分割する場合などにも、境界が確定済みで、その図面や資料があれば、迅速に処理ができるようになります。

境界確認手続きの主な流れ

  1. 境界確認立会依頼書を作成し、必要書類を揃え、用地管理課へ提出する(申請者)
    ※依頼書の申請者は原則として土地所有者となります。土地家屋調査士、測量会社等の第三者が申請者となる場合は、土地所有者の委任状が必要になります。
  2. 事前に民有地の立会証明書等を作成し提出する(申請者)
  3. 現地立会・協議(申請者・利害関係者・隣接地等所有者・市など)
  4. 境界確認書の交付(市)
  • 申請者、利害関係者、市などすべての同意・承諾がない場合は境界確定できません。
  • 隣接する土地所有者や利害関係者などへの依頼については、申請者に行なっていただきます。

主な必要書類

  1. 境界確認立会依頼書(申請者は土地所有者です。第三者が申請する場合は、土地所有者の委任状が必要です。)
  2. 位置図
  3. 不動産登記法第14条地図
  4. 市有地に隣接する土地の所有者一覧表
  5. 境界を明らかにした図(地積測量図、重ね図等)
  6. 隣接地の土地所有者などの立会証明書
  7. 現地写真(境界標を撮影したもの)
  8. その他市長が必要と認める書類 など

立会依頼申請に必要な書類つきましては、事前に用地管理課までお問い合わせください。

各種申請書類の様式は「境界確認立会依頼に必要な書類」からダウンロードしていただけます。

現地立会・協議

現地立会等の日程については、市の担当職員にご相談ください。申請者には関係する土地所有者へ連絡や依頼などをしていただきます。現地の状況や公図、その他の資料等により、必要に応じ現地で申請者、隣接地権者、市担当職員、土地家屋調査士などの関係者立会いのもとに協議します。

申請窓口

市道や市が管理する道路に接している場合
南アルプス市建設部用地管理課
電話番号/055-282-7264
国道20号、52号、138号の場合
国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所
電話番号/055-252-5491
上記以外の国道、及び県道の場合
山梨県県土整備部道路管理課
各建設事務所

お問い合わせ先

用地管理課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 西別館 1階
電話番号 055-282-7264
FAX番号 055-282-6319
メールでのお問い合わせ