トップ 暮らしの情報 暮らす 社会福祉 障害者支援 障害者支援の手当・助成 重度心身障害者医療費助成制度

重度心身障害者医療費助成制度

重度心身障害者の医療費の自己負担分を助成します。

更新日 2015年02月09日

重度心身障害者医療費助成制度とは

重度心身障害者とその家族の経済的負担の軽減を図るため、対象となる障害があるかたの医療費を助成する制度です。医療機関などで診療を受けたときには、医療費の自己負担額(1~3割)を支払います。市町村では、この病院などに支払った医療費の自己負担額分を、一定の手続きによって助成します。

事業のしくみ

事業のイメージを図であらわすと下記のようになります。

重度心身障害者費用の説明

対象となるかた

南アルプス市内に住所を有する重度心身障害者で、次のいずれかに該当するかたが対象となります。

身体障害者手帳1級から3級を所持する身体障害者
身体障害者手帳の障害等級基準については「身体障害者の障害等級の基準」をご確認ください。
療育手帳の障害程度がAの知的障害者
療育手帳の障害等級基準については「療育手帳の交付」をご確認ください。
精神障害者保健福祉手帳1級又は2級を所持する精神障害者
精神障害者保健福祉手帳の障害等級基準については「精神障害者保健福祉手帳の交付」をご確認ください。
国民年金法(第30号第2項)に規定する1級又は2級の障害の状態(障害年金)にある旨の市長の認定を受けたかた(一部除外される場合があります。)
障害基礎年金の障害等基準については「障害年金の障害認定基準」をご確認ください。
特別児童扶養手当1級または2級受給者
特別児童扶養手当基準については「特別児童扶養手当制度」をご確認ください。

対象となる医療費

保険証が使える医療費・療養費
※本人が負担すべき金額に対して助成

  • 他の法令等により医療費の給付を受け取られる場合は、その額を控除した額となります。

重度医療の利用方法

重度医療を利用するためには重度心身障害者医療費助成金受給資格者証(以下「受給資格者証」という)の交付など、各種手続きが必要になります。
簡単な流れは下記のとおりです。

  1. 受給資格者証を申請する。
  2. 受給資格者証の交付を受ける。
  3. 治療を受ける医療機関で保険者証又は組合員証と一緒に受給資格者証を提示する。
  4. 窓口にて一旦、医療費を支払い、領収書を受け取る。
  5. 受診月の約3か月後の月末に登録されている口座に、自動的に医療費が振り込まれる(自動還付)
    自動還付にならない医療費については、窓口にて助成金の請求の手続きが必要です。
    ※詳細は「助成金の受給について」をご確認ください。
  6. 助成金を受給する。

申請に必要な書類

申請に必要な書類は以下の通りです。

  • 重度心身障害者医療費助成金受給資格者証交付申請書
  • 医療保険証または組合員証および医療受給者証(該当者のみ)
  • 印鑑
  • 障害に関する書類
    下記のいずれかに該当する書類が必要となります。
    • 各手帳又は証書
    • 身体障害者手帳(1~3級)
    • 療育手帳(A)
    • 精神障害者保健福祉手帳(1~2級)
    • 国民年金証書(障害基礎年金1~2級)
    • 特別児童扶養手当証書
    • 国民年金認定診断書
  • 所得の証明に関するもの
    本市に転入された場合は「所得課税証明書」の提出が必要です。
  • 振込先本人名義の通帳(口座番号)
    医療費の給付を受ける際に必要になります。
  • 「委任状兼同意書」または、「同意書」(窓口にあります)
交付申請書は「重度心身障害者医療費助成制度申請書類」でダウンロードしていただくか、窓口にあります。

助成金の受給について

自動還付

助成金は、受診されるときに「受給資格者証」を医療機関などの窓口に必ず提示することで、受診月の約3か月後の月末に登録されている口座に自動的に振り込まれます。
ただし、下記の場合は自動還付にならないので、窓口にて助成金を請求していただくことになります。

  • 「受給資格者証」の提示をしないで、診療を受けたとき
  • 県外の医療機関で診療をうけたとき
  • 柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許及び灸師免許を受けた者に保険診療の対象となる診療を受けたとき
  • 医療機関への支払いが遅れたとき

必要書類

  • 重度心身障害者医療費助成金請求書
  • 診療報酬明細の記載された領収書(原則として1か月分をまとめて提出してください)
  • 印鑑

提出は、医療を受けた翌月の10日以降に1か月ごと、医療機関ごとに分けて請求をしてください。

助成金請求書は「重度心身障害者医療費助成制度申請書類」でダウンロードしていただくか、窓口にあります。

注意事項

  • 助成金は受給者が医療を受けた日の属する月の翌月の10日から起算して、2年以内に請求しなかった場合には支給できませんので注意してください。

受給資格者証の更新

重度医療費助成金受給資格者証は毎年11月1日に更新されます。
引き続き利用されるかたは更新手続きを行う必要があります。
該当するかたには更新案内を郵送いたしますので更新手続きを行ってください。
手続きの内容については下記をご確認ください。

更新期日は毎年10月上旬頃になります。

必要書類

必要書類は市役所福祉課または各支所窓口サービスセンターにあります。必要事項を記入し申請してください。

  • 重度心身障害者医療費助成金受給資格者証更新申請書
  • 健康保険証
  • 特定疾患医療費受給者証
  • 自立支援医療受給者証「精神医療」「更生医療」
  • 印鑑
  • 下記のうち該当するもの
    • 身体障害者手帳(1~3級)
    • 療育手帳(A)
    • 精神障害者保健福祉手帳(1~2級)
    • 障害年金証書(1~2級)(現在の年金の受給確認ができる振込通知書等の提出もお願いいたします)
    • 特別児童扶養手当証書
更新申請書は「重度心身障害者医療費助成制度申請書類」でダウンロードしていただくか、窓口にあります。

受給資格者証の受け取りについて

新しい受給資格者証は、提出書類等の確認をさせていただき、後日改めて郵送させていただきます。

受給資格者証の再交付

受給資格者証を破損又は亡失したかたは必要書類を窓口に提出し、再交付を受けてください。

必要書類

必要書類は市役所福祉課または各支所窓口サービスセンターにあります。必要事項を記入し申請してください。

  • 重度心身障害者医療費受給資格者証再交付申請書
  • 印鑑
  • 本人確認ができるもの

受給資格者証の内容変更

受給者又はその保護者は、住所変更や保険変更など「受給資格者証」の記載内容に変更があった場合は、窓口に必要書類を提出し、必ず変更手続きを行ってください。

  • 変更しないまま、「受給資格者証」をご利用されると助成金の支給に時間がかかることがあります。

必要書類

  • 重度心身障害者医療費受給資格等変更届
  • 印鑑
  • 変更内容の確認ができるもの(健康保険証など)

お問い合わせ先

障害福祉課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 1階
電話番号 055-282-6197
FAX番号 055-282-6095
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。