トップ 暮らしの情報 暮らす 選挙 選挙

選挙

選挙の意義など、選挙についてご紹介します。

更新日 2010年02月16日

選挙とは

私たちは、誰もが安心で快適な生活をしたいと考えています。しかし、いろいろな考えを持った人たちが大ぜい集まって、話し合うことは大変むずかしいことです。そこで、代表者を選び、私たちのかわりに国や地方公共団体(都や区市町村)の政治を行ってもらうことが必要となります。このための代表者を選ぶことが選挙です。
どのような代表者を選ぶかによって、私たちのくらしは大きく変化します。つまり、選挙は私たちの生活に直接かかわる大切なものなのです。
市町村から都道府県、さらには国会など各代表や議員など私たちの代わりに意見を言ってもらう代表者を公平に決める手段として選挙が行われます。

選挙はどう行われるのか、誰が選挙に参加できるかなど選挙に関わる疑問点などを説明します。

選挙の意義

「参加することに意義がある」という言葉どおり、政治への参加方法である選挙は、投票してこそ意味を持ちます。そして、民主主義国家の基本である選挙は、いろいろな要素を持っているのです。

  1. みんなの代表
    選挙によって選ばれた代表者は、国民や住民の代表者となります。したがって、その代表者が職務を行うにあたっては、一部の者の代表としてではなく、全ての国民や住民のために政治を行うことになります。
  2. 多数決
    民主政治の原則である多数決は、人々の意見を集約し、決定する際に用いる方法です。より多くの支持を得た者を代表者とすることによって、政治の安定化を図ります。
  3. 身近な選挙
    そもそも「選挙」とは、私たちの代表を選び、私たちの意見を政治に反映させるためのもの。そのためにも、私たち一人ひとりが「選挙」に関心を寄せることで、「選挙」はもっと身近になるものといえます。
  4. 憲法と選挙
    選挙に関する規定を定めた公職選挙法は、日本国憲法第15条で明記されている「公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する」という憲法の精神にのっとっています。
  5. 選挙と政治
    日本は国民が主権を持つ民主主義国家です。選挙は、私たち国民が政治に参加し、主権者としてその意思を政治に反映させることのできる最大かつ基本的な機会です。
  6. 政治と国民
    「人民の、人民による、人民のための政治(政府)」。民主政治の基本であるこの言葉は、私たちと政治との関係を象徴する言葉です。国民が正当に選挙を通して自分たちの代表者を選び、その代表者によって政治が行われます。

選挙権と被選挙権

選挙には選挙権と被選挙権があります。詳細は「選挙権と被選挙権」でご確認ください。

選挙人名簿

投票をするためには選挙人名簿に登録されている必要があります。詳細は「選挙人名簿」でご確認ください。

投票

投票の種類はたくさんあり、皆さんが積極的に選挙に参加できるようになっています。詳細は「投票」でご確認ください。

寄付の禁止

公平な選挙が行われるため、寄付は禁止されています。詳細は「寄付の禁止」でご確認ください。

お問い合わせ先

選挙管理委員会事務局
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 2階
電話番号 055-282-1111
FAX番号 055-282-1112
メールでのお問い合わせ