トップ 暮らしの情報 暮らす 国保・後期高齢者医療・年金 国民健康保険 国民健康保険の各手続きについて

国民健康保険の各手続きについて

平成28年1月1日から、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(個人番号法)」が施行されました。手続きに必要な添付書類とあわせてマイナンバーの提出をお願いします。

更新日 2017年06月13日

国民健康保険の手続きについて

全員必要なもの

  • マイナンバーが確認できるもの(世帯主と対象者)
  • 届出者の本人確認できるもの
    (個人番号カード、写真付き身分証明書(運転免許証、パスポートなど)(*))
  • 印鑑
  • 委任状(別世帯のかたによる届出の場合のみ必要)

(*)詳細は関連ページの「国民健康保険におけるマイナンバー制度について」をご確認ください。

申請期間

14日以内(世帯内で異動があった日から)

手続きができる人

  • 世帯主
  • 世帯主と住民票上同一の世帯の人
  • 代理人(委任状が必要です)

申請場所

国保年金課または各支所窓口サービスセンター

手続きに必要なもの

加入するとき

転入したとき 転出証明書、特定同一世帯所属者異動連絡票(ある人)
  • 転入前の市町村で国保に加入していなかったかたは以前加入していた健康保険の資格喪失証明書が必要になる場合があります。
職場の健康保険をやめたとき 社会保険等の資格喪失証明書
  • 資格喪失証明書がない場合は、退職証明書または離職票があれば事業所への確認により手続きを行えます。
職場の健康保険の被扶養者から外れたとき 社会保険等の資格喪失証明書
社会保険の任意継続期間が終わるとき 加入していた健康保険の資格喪失証明書
子どもが生まれたとき 母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書
外国籍の人が加入するとき 在留カード(外国人登録証明書)、パスポート

脱退するとき

転出するとき 国民健康保険証
職場の健康保険に加入したとき 新しく加入した健康保険の保険証、国民健康保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき 新しく加入した健康保険の保険証(未交付の場合、加入したことを証明するもの)、国民健康保険証
国保被保険者が死亡したとき 死亡を証明するもの、国民健康保険証
生活保護を受け始めたとき 保護開始決定通知書、国民健康保険証
外国籍の人が脱退するとき 在留カード、パスポート、国民健康保険証

その他

市内で住所が変わったとき 国民健康保険証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったりしたとき
修学のため南アルプス市外に住民登録を移したとき 在学証明書または学生証、国民健康保険証
  • 卒業、就職等により学生でなくなったときは返還する必要があります。
介護保険第2号被保険者(40~64歳)で介護保険適用除外施設に入所・退所されたとき(*) 入所期間が記載されている施設入所(退所)証明書、国民健康保険証

(*)介護保険適用除外施設(身体障害者療護施設など)に入所した場合、入所者本人の状況に応じて介護分(「国民健康保険税について」参照)の納付が不要となる場合があります。適用除外施設に該当するかは、入所している施設にお問合せください。

退職被保険者等

この制度は平成26年度末に廃止されましたが、平成27年度以降それまでの退職被保険者が65歳になるまでは、退職者医療制度の対象となります。
詳しくは「国民健康保険(国保)-退職者医療制度について」をご確認ください。

お問い合わせ先

国保年金課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 1階
電話番号 055-282-7248
FAX番号 055-282-6096
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。