トップ 暮らしの情報 暮らす 環境 温暖化対策 公共施設への太陽光発電システムの導入

公共施設への太陽光発電システムの導入

更新日 2014年04月10日

山梨県は全国でも屈指の日照時間を誇っています。本市は山梨県内においても比較的日照時間が長く、太陽光を利用した新エネルギーの導入に非常に適している地域だと言えます。平成15年に市内の小学校に太陽光発電設備を導入したのを皮切りに、平成22年度末までには計17施設に総発電容量400キロワットの太陽光発電装置が整備される予定です。特に平成21年度から平成22年度にかけては文部科学省の提唱する「スクールニューディール」構想事業にのっとり、構造上設置が可能な小中学校には全て太陽光を設置することとしました。今回整備ができなかった小中学校については、学校の改修等に併せて整備を進めていく予定です。

若草小学校に導入された出力規模30キロワットの太陽光発電システム
若草小学校太陽光発電システム

公共施設への太陽光発電システム導入状況
設置年月 設置場所 規模
平成15年 南湖小学校 10.02キロワット
平成17年 甲西中学校 16.43キロワット
平成18年 白根百田小学校 20.04キロワット
平成20年12月 櫛形中学校 20キロワット
平成22年3月 健康センター(白根支所) 20.16キロワット
平成22年2月 大明保育所 10キロワット
平成22年3月 八田中学校 29.88キロワット
平成22年3月 若草中学校 29.88キロワット
平成22年3月 八田小学校 19.4キロワット
平成22年3月 若草小学校 29.88キロワット
平成22年10月 白根巨摩中学校 19.8キロワット
平成22年10月 甲西中学校(追加) 19.4キロワット
平成22年10月 小笠原小学校 19.8キロワット
平成22年10月 大明小学校 19.8キロワット
平成23年1月 南湖小学校(追加) 7キロワット
平成23年1月 白根御勅使中学校(武道館) 16.6キロワット
平成23年1月 白根東小学校(体育館) 36キロワット
平成23年1月 南湖小学校(体育館)(追加) 36キロワット
平成22年9月 消防署 10キロワット
平成23年2月 南アルプス市役所 10キロワット

お問い合わせ先

環境課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 分館
電話番号 055-282-6097
FAX番号 055-282-6681
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。