トップ 暮らしの情報 暮らす 環境 温暖化対策 南アルプス市エコライフ促進補助金

南アルプス市エコライフ促進補助金

市では地球温暖化対策の一環として、市民のかたへの地球温暖化対策機器導入の支援を行います。

更新日 2016年04月06日

補助対象となる「エコライフ促進設備等」とは

1.太陽光発電システムに家庭用エネルギー管理システム(HEMS)または定置用リチウムイオン蓄電池を設置した場合

太陽エネルギーシステムイメージ

これまでの太陽光発電システム設置のみでの補助金は対象外となります。

  • 太陽光発電システムは配電線と逆潮流有りで連系しているもので10キロワット未満の未使用のもの。
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS)は、エコーネットコンソーシアムにより策定された「ECHONET Lite」を標準的なインターフェイスとして搭載していること。HEMSを購入すること。(リースは対象外)
  • 定置用リチウムイオン蓄電池は、リチウムの酸化及び還元で電力を供給する蓄電池に加え、インバータ、コンバータ、パワーコンディショナ等の電力変換装置を備えた設備として一体的に構成されること。蓄電池を購入すること。(リースは対象外)
 

2.太陽熱利用システム

  • 一般的な太陽熱温水器と給湯や冷暖房に利用するソーラーシステムの未使用のもの。

3.ペレットストーブ

  • おが粉状にした木材に圧を加え作成した木質ペレットを燃料として使用する暖房器具でいずれも未使用品であること。

4.電気自動車(新設)

  • 電池によって駆動する電動機を原動機として搭載した検査済自動車で未使用車であること。

補助対象者

次のいずれかに該当する者とします。

  1. 自ら居住する市内の住宅(事務所、店舗、その他これらに類する用途を兼ねる家屋を含む。)に設備等設置した者又は自ら居住するため設備等付きの市内の住宅(新築 のものに限る)を購入した者で、本市の住民基本台帳に記録され、当該本人及び同一世帯員が市税を滞納していない者。
  2. 市内に事業の用に供する建築物を有する者で、当該建築物に設備等を設置した者とし、市税を滞納していない法人及び個人においては当該本人及び同一世帯員が市税を滞納していない者。
  3. 未使用の電気自動車を購入した者で、本市の住民基本台帳に記録され、当該本人及び同一世帯員が市税を滞納していない者。(新設)

補助金額(限度額)

対策機器 住宅用 事務所用
太陽光発電システム
10キロワット未満(未使用)にHEMS又は定置用リチウムイオン蓄電池を設置
8万円 8万円
太陽熱利用システム 5万円 5万円
ペレットストーブ 10万円 10万円
電気自動車(新設) 10万円 -

補助は同一種類の設備等ごとに1回限りとします。

申請期限

設備の設置又は購入後3か月以内

申請に必要なもの

1.補助金交付申請書

南アルプス市環境課で入手するか「エコライフ促進補助金申請書類」でダウンロードできます。

2.添付書類

  1. 設備の設置または購入費に係る内訳書及び領収書の写し
  2. 設置または使用場所の案内図
  3. 設備設置前及び設置後の写真(カラー)
  4. 市税納税状況等の確認に係る同意書
  5. 電力会社からの購入電力量のお知らせの写し(太陽光発電のみ)
  6. 設備の仕様が分かるパンフレット等
  7. 自動車検査証の写し(電気自動車のみ)
  8. その他、市長が必要と認める書類

申請方法

上記関係書類を設備の設置又は購入後3か月以内に提出【郵送不可】

申請の流れ

申請の流れ

その他

補助金の交付を受けられたかたは、発電量データなどの提出やアンケート調査への協力をしていただきます。

お問い合わせ先

環境課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 分館
電話番号 055-282-6097
FAX番号 055-282-6681
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。