トップ 暮らしの情報 暮らす 介護支援 在宅高齢者福祉サービス 緊急通報システム(ふれあいペンダント)

緊急通報システム(ふれあいペンダント)

高齢者のかたへ、緊急時に連絡できる緊急通報システム(専用電話)を貸し出します。

更新日 2016年10月14日

緊急通報システム整備事業について

緊急通報システムとは

高齢者の方々に安心して生活を送って頂くための体制整備の事業です。
65歳以上の一人暮らしの高齢者のかたのご自宅に、緊急時の通報が出来る専用電話を設置します。ご自宅での急病や事故等の際には、ボタン操作1つで支援センター(委託業者)へ通報ができます。
支援センターには看護師等が24時間常駐しており、緊急時の通報だけでなく、心身の不調や、健康相談も随時承ります。

システムについて

緊急時に専用電話のボタン、あるいはペンダント型ボタンを押すと支援センターへ通報されます。支援センターの看護師が利用者に電話で状況の確認を行い、必要に応じ、すみやかに消防本部に救急・消防の出動要請を行います。
応答がないなど、様子が分からない場合はご家族や、地域の協力員等と交互に密接な連絡をとりながら、救助・援助を行います。

利用料金

設置費用・通話料は無料です。
(利用に伴う電気料は自己負担となります。)

申請について

ご利用には、申請が必要になります。申請書に必要事項を記入して介護福祉課または各支所窓口サービスセンターへ提出ください。

お問い合わせ先

介護福祉課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 地下
電話番号 055-282-6179
FAX番号 055-282-6189
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。