トップ 暮らしの情報 暮らす 介護支援 介護相談窓口

地域包括支援センター

地域包括支援センターの役割、業務のご案内です。

更新日 2017年09月20日

地域包括支援センターとは

高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心してその人らしい生活ができるように支援していくための拠点です。

介護に関する悩みや心配事のほか、健康や福祉、医療に関する様々な相談・支援を行っています。

地域包括支援センターの役割

  1. 総合相談・支援
    高齢者やその家族、近隣に暮らす人の介護に関する相談や心配ごと、健康や福祉、医療や生活に関することなど、様々な相談を受けつけています。
  2. 権利擁護・虐待防止/早期発見
    高齢者が安心して暮らすために、みなさんの権利を守ります。成年後見制度の紹介や、高齢者虐待の早期発見・対応、消費者被害などに対応します。
  3. 包括的・継続的ケアマネジメント
    みなさんを支える地域のケアマネジャーへの支援のほか、高齢者がより暮らしやすい地域にするため、様々な機関とのネットワーク作りに力を入れます。
  4. 介護予防ケアマネジメント
    要支援1・2と認定された方や、介護が必要となる恐れのある方の介護予防ケアプランを作成し、支援します。

地域包括支援センターの職員体制

保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどの専門職です。これらの専門職が連携して業務に取り組みます。

地域包括支援センターの所在地

地域包括支援センター
住所/南アルプス市小笠原376(市役所介護福祉課内)
電話番号/055-282-7339

その他相談窓口

地域包括支援センターのほか、身近な地域における相談窓口を開設しています。
詳しくは、「高齢者の方のための相談窓口」のページをご確認ください。

高齢者の方のための相談窓口

お問い合わせ先

介護福祉課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 地下
電話番号 055-282-6179
FAX番号 055-282-6189
メールでのお問い合わせ