トップ 暮らしの情報 暮らす 介護支援 介護保険制度 介護保険料について

介護保険料について

介護保険料を納める年齢や金額、介護保険料の納め方などについて、ご説明します。

更新日 2015年10月14日

介護保険料について

介護保険料のしくみ

保険料は40歳以上のみなさんから納めていただきます。

介護保険のサービス提供費用のうち、約50パーセントは皆さんからの保険料で負担し、残り約50パーセントは公費(税金)で負担しています。
公費の内訳は、国が約25パーセント、都道府県と市町村がそれぞれ12.5パーセントずつ負担しています。

介護保険の財源の内訳

  • 公費(税金) 50パーセント
  • 65歳以上のかたの保険料 22パーセント
  • 40~64歳のかたの保険料 28パーセント

40歳以上のみなさんの納める介護保険料は、国や自治体の負担金などとともに、介護保険を健全に運営するための大切な財源となります。

介護保険料の決め方

介護保険料の決め方は年齢によって2通りに分かれます。

  • 40歳から64歳のかた(第2号被保険者)の保険料
    加入している医療保険の算定方法により保険料が決まり、医療保険料に上乗せして納めます。
  • 65歳以上のかた(第1号被保険者)の保険料
    介護保険料は、ご本人の前年の所得金額及び世帯の市民税課税状況により11段階に分かれています。

平成27年度から平成29年度までの第1号被保険者の介護保険料は次のとおりです。

所得段階 対象となるかた 保険料の調整率 保険料額
上段 年額
下段 月額
第1段階
  • 生活保護受給者のかた
  • 老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市民税非課税のかた
  • 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下のかた
基準額×0.45 30,240円
2,520円
第2段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下のかた 基準額×0.75 50,400円
4,200円
第3段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超えるかた 基準額×0.75 50,400円
4,200円
第4段階 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税のかたで、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下のかた 基準額×0.90 60,480円
5,040円
第5段階 世帯の誰かに市民税が課税されているが、本人は市民税非課税のかたで、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超えるかた 基準額×1.00 67,200円
5,600円
第6段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満のかた 基準額×1.20 80,640円
6,720円
第7段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満のかた 基準額×1.30 87,360円
7,280円
第8段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満のかた 基準額×1.50 100,800円
8,400円
第9段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上350万円未満のかた 基準額×1.70 114,240円
9,520円
第10段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が350万円以上500万円未満のかた 基準額×1.75 117,600円
9,800円
第11段階 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が500万円以上のかた 基準額×1.93 129,696円
10,808円
老齢福祉年金
明治44年(1911年)4月1日以前に生まれたかた、または大正5年(1916年)4月1日以前に生まれたかたで一定の要件を満たしているかたが受けている年金です。
合計所得金額
「所得」とは、実際の「収入」から「必要経費の相当額」を差し引いた額です。

介護保険料の納付方法について

第1号被保険者(65歳以上のかた)

以下の2つの納付方法のいずれかとなります。

特別徴収

受給している老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金などが、年額18万円以上のかたは、年金から直接納付になります。
保険料の年額を、年金の支払い月に年6回に分けて納めます。

本来、特別徴収になるかたでも、一時的に普通徴収(納付書による期別納付)で納める場合があります。

  • 年度途中で65歳になった
  • 年度途中で特別徴収対象年金の受給が始まった
  • 年度途中で他の市区町村から転入した
  • 年度途中で所得段階(年額保険料)が変わった
  • 年金の支給が一時差し止めになった など
普通徴収

受給している老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金などが、年額18万未満のかたは、納付書で納めます。
南アルプス市から送られてくる納付書により、取り扱い金融機関で納めます。

口座振替について

普通徴収のかたは、口座振替をご利用になれます。預金通帳、通帳届出印を持参して、金融機関またはゆうちょ銀行(郵便局)の窓口でお申し込みください。
なお、各期とも前月の20日が申込期限となっています。

納期ごとに金融機関に行く手間が省け、納め忘れもなく便利です。

第2号被保険者(40歳から64歳のかた)

医療保険分の保険料に介護保険分の保険料を合わせて納めます。

保険料を納め忘れてしまったら・・・

保険料を滞納したまま一定の期間が経過すると、次のような給付制限を受けることになります。

  1. サービス利用料の支払方法の変更
    保険料の滞納が続く場合、サービス利用料の支払いが償還払いとなり、一旦費用の全額を自己負担することになります。
  2. 一時差し止め
    保険料の滞納が続く場合、上記の償還払いされる費用が差し止められます。さらに滞納している保険料額と差し止めた保険給付額とを相殺する場合もあります。
  3. 利用者負担(1割)の引き上げ
    利用者負担が通常の1割または2割から3割に引き上げられるほか、高額介護サービス費等の支給が受けられなくなります。

介護保険は高齢者の介護を国民みんなで支える制度です。
誰もが安心してサービスを受けられるよう、保険料の納め忘れのないようにしましょう。

お問い合わせ先

介護福祉課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 地下
電話番号 055-282-6179
FAX番号 055-282-6189
メールでのお問い合わせ
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。