トップ 暮らしの情報 暮らす ごみ・リサイクル ニュース 発火性ごみの出し方について!

発火性ごみの出し方について!

スプレー缶・ライター等の発火性ごみは適切な処理をしてから出してください。

更新日 2010年02月05日

 ガス抜きがされていないスプレー缶・カセットボンベ等がごみとして出されたことにより、ごみ収集車内でごみが燃焼する事故が相次いで発生しております。

(平成21年6月に1件、平成22年1月に2件)

 これらの事故は 収集車両の火災につながる危険があり、一歩間違えば人命にかかわるものです。

 市民の皆さんは、発火性ごみを出される前にガス抜きがしてあるかどうか、必ず確認していただきますよう、お願いいたします。

・スプレー缶・カセットボンベは、必ず使い切った上で、2ヶ所以上大きな穴をあけ、ガス抜きをしてから不燃ごみに出しましょう。(未使用のものは火気のない風通しの良い屋外にて、ガスを出し切ってから穴あけを行ってください)

・使い捨てライターは、ガスを全て使い切ってから可燃ごみに出しましょう。

 

 

お問い合わせ先

環境課
山梨県南アルプス市小笠原376
市役所 本庁舎 分館
電話番号 055-282-6097
FAX番号 055-282-6681
メールでのお問い合わせ