トップ 観光情報 ニュース リレー講座「土偶の学校」第1回「山梨の土偶を考える」の開催

リレー講座「土偶の学校」第1回「山梨の土偶を考える」の開催

日本の縄文文化を代表する存在の鋳物師屋遺跡出土の円錐形土偶「子宝の女神 ラヴィ」。昨今ではキャラクターとしても知られ始めていますが、この土偶や南アルプス市の土偶についてそもそもの意味を探ろうと、各研究者をお招きしてのリレー講座を行います。その第1回目。

更新日 2018年01月17日

おかげさまでお問い合わせが多く、定員を増やして対応いたしましたが、定員に達しましたので申し込みを締め切らせていただきました。

 

みなでんリレー講座「土偶の学校」

 日本の縄文文化を代表する存在の鋳物師屋遺跡出土の円錐形土偶「子宝の女神 ラヴィ」。

 昨今ではキャラクターとしても少しずつ周知を図っているところですが、さらにこの土偶や南アルプス市の土偶の本質的な意味を探り多くの皆さんと共有できるよう、リレー講座を開催します。
鋳物師屋土偶の本質を掘り下げます!
その第一回目!!


 まず、この土偶に出会った瞬間に受け取る鋳物師屋縄文人からのメッセージに、土偶を知らなかった方でも感銘を受けるものと考えていますが、さてさて、土偶の研究者たちはどのように考えているのか。
 さまざまな研究者にそれぞれが考える鋳物師屋遺跡の土偶についての「見方」を聞いてみましょう。
 10人の研究者がいれば10通りの解釈があると言われていますから、さまざまな角度から鋳物師屋遺跡の土偶を考える機会になるかと思います。
その第1回目です。

第1回「山梨の土偶を考える~私の考える鋳物師屋土偶~」

 

講 師   新津 健 氏 (市文化財保護審議会長)

 

会 場   ふるさと文化伝承館

 

日 時   平成30年1月21日 10:00~11:30頃

参加費

無料

定員および申し込み

定員30名。←お問い合わせ多く40名に増員しました!申し込み順で定員になり次第締め切り。

申し込み・お問い合わせ先

ふるさと文化伝承館(電話:055-282-7408)

観光関連サイト
 
 
 
 
Get Adobe Reader
 
    PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているADOBE READERが必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、下のバナーアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。